仙台オペラ協会の歴史




第41回〜
2016-(平成28年-)


                
第41回公演

2016年
(平成28年)
ヘンゼルとグレーテル
指揮:船橋洋介
演出:渡部三妙子














 2016仙台オペラ協会 第41回公演
        9月3日(土)、4日(日)

・・指揮:船橋洋介
・・演出:渡部三妙子
・・管弦楽:仙台フィルハーモニー管弦楽団

 グリム童話に収められた話をもとに作られたオペラ作品。
 ヨーロッパのある村に、貧しいほうき職人の一家が住んでいました。その家に生まれたヘンゼルとグレーテルは、やんちゃ盛りの兄妹。お留守番の最中、言いつけられた仕事もせずに遊んでいたのを母親に見付けられ、森へ苺を詰みに行かされます。しかし、その森には恐ろしい”お菓子の魔女”が住んでいたのです。
 森の奥に迷い込み、帰れなくなってしまったヘンゼルとグレーテル。やがて二人の目の前にお菓子の家が現れます。お腹の空いた二人は、お菓子の家を食べますが、お菓子の魔女に見つかり、捕らわれてしまいます。魔女は、子供を魔法の焼き窯に入れ、お菓子に変えて食べてしまうのです。
 果たして二人は、無事に家に帰ることができるでしょうか・・・


第42回公演

2017年
(平成29年)

フィガロの結婚
指揮:船橋洋介
演出:渡部ギュウ

















 2017仙台オペラ協会第42回公演
       9月2日(土)、3日(日)

・・指揮:船橋洋介
・・演出:渡部ギュウ
・・管弦楽;仙台フィルハーモニー管弦楽団
・・合唱:仙台オペラ協会合唱団


 時はフランス革命前夜の18世紀後半、王侯貴族の横暴に庶民の堪忍袋の緒が、もう切れそうな時節のお話。
 原作は、ポールマルシェが書いた同題の戯曲。もとは芝居だった。貴族をバカにした場面が多いこの劇は、当局から上演禁止になっていた。それをウィーンの宮廷詩人ダ・ポンテがモーツァルトのために脚色し、遂にオペラ「狂おしき一日、あるいはフィガロの結婚」が誕生したそうだ。
 ダ・ポンテは直接的な権力批判を大幅にカットしたが、個性あふれる人物キャラクターや詩の中に、その過激さと人間のサガを下塗りした。そしてモーツァルトの権威嫌いな芸術家魂が漆黒のごとく上塗りされ、鋭い光沢を放つ。まさに人間臭いこのオペラ「フィガロの結婚」は単なる風刺劇ではない。強烈な政治劇であり、今様の人間ドラマなのだ。
 「初夜権?あなたは、その名誉を手に入れるために一体何をしたのか?ただ領主の息子として生まれてきた、それだけじゃないのか!」昨今、偉ぶっているやつらにも云いたい。

 


第43回公演

第44回公演

第45回公演

第46回公演

第47回公演

第48回公演

第49回公演

第50回公演